FC2ブログ
プロフィール

ゆゆ

Author:ゆゆ
マイペースでだらりん、
まったりと。
ボケ防止にブログやります。
(・ω・)

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去のログ

Twitter@sister_yuyu

ゆゆふぇぶろぐ
更新不定期ぐうたら日記。 ~しがないOLのチラシ裏~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の思い出(12/22~24)
トンネルを抜けたら、そこは…
雪国じゃったー。
(湯沢のあたり)




MAXときで新潟到着!
雪国だよね、と思いがちですが
市内はあまり雪はつもらないそうです。
このときもまだ雪はありませんでした。




寺泊の魚の市場通りで
大きなカニと、番屋汁定食をいただきました♪ with 八海山




新鮮なお刺身はぷりぷり、
お味噌汁には鮭などのお魚がたっぷりで出汁もきいてておいしかったです。


白鳥の湖・瓢湖にて。。




カモがいっぱい(^◇^)




アマチュアカメラマンさんたちが
すごいレンズのついたカメラで美しい白鳥の姿を追っていました。
スマートフォンのカメラだとどうしても小さくなってしまいますが
大きな白鳥が目の前で飛んでいる姿は美しくもダイナミックです。




白鳥たちの鳴き声が
ロマンチックな雰囲気を醸し出していました。
背景に広がる雪山もマッチしていてとてもきれいでした。



市内・駅南のNiigta光のページェント
ちょっと雪が混じってきた頃に見ました。
黄色系のあたたかな光のけやき並木はロマンチックです☆




また2月に行く予定です(・ω・)ノ
スポンサーサイト
ハートフル☆イルミネーション@新潟
クリスマス直前に新潟へプチ旅行。

クリスマスな雰囲気たっぷりのイルミネーションがあちらこちらで見られました。


駅南のけやき通りは「NIIGATA 光のページェント」が開催されていて
通りがキラキラ☆

立ち寄った居酒屋さんで手に入れためがねを通してみると

こんな風景が…




こんな風にハートでいっぱいに(*'▽'*)うわぁ




とても素敵です☆


通りがかりのレストランのホワイトツリーもハート(*´ω`*)





行きつけのダーツカフェバー・ロケッツのツリーたちも…







お写真小さいけど、ハートは見つけられたでしょうか?!


お外は寒いけれど、ハートたっぷり
ココロはあたたかいクリスマス前の新潟でした。
いざ、うどん県へ!
おじいちゃんの17回忌の法要も終わって
わたしはひとり「うどん県」へ!

徳島駅から特急うずしお号で約1時間で高松駅につきました。

…以下後日加筆します
「まゆやま」じゃなくて 「びざん」
11月3日

やや寝不足ながらも
親戚の家に行く前にちと観光を。

徳島駅の正面にもりっとそびえ立つ
「眉山」に行ってきました。

子供の頃は「まゆやま」と呼んでいましたが
実は「びざん」でしたw


…以下後日加筆します
新潟行ってきました


日曜日~月曜日
新潟に行ってきました(・ω・)ノ
イヤなことがあったときは気晴らしするのがよかとです。

新潟のご当地B級グルメの
たれカツ丼、好きです(・∀・)
ご飯も美味しいですしね。
ああ、だからか
回転すしも安っぽくなくておいしいのー
(実際一番やすい皿のしか食べてないけど)

このたれカツ丼はミニサイズなので私のお腹にぴったり。
テイクアウトにカツサンドも買って今朝食べたけど美味しかったです。

お土産やさんでも、ばかうけとか柿の種のたれカツ味がありましたよー
新潟へ、温泉旅館と変身写真体験の旅♪
昨日の夕方、新潟から東京に帰ってきました。

今回の新潟旅行は2泊3日で
1泊目は岩室温泉の「綿々亭綿屋(めんめんていわたや)」さんで贅沢に。。

100921_1
最初、岩室駅に早く着いてしまったので温泉街まで4キロですが
歩けるかな?と思って荷物ごろごろ引きながら歩いたら遠かったです(^^;
刈り取り前の黄金の稲を見ながら1時間くらい歩いたかな。
温泉街手前のジェラート屋さんで栗のアイスを食べました。
100921_2
五臓六腑にしみわたる~ぅ!!(>ω<*)

旅館に着いてひとっぷろ浴びたあと、ミニかき氷のサービス♪
自家製うめシロップでさっぱりおいしくいただきました。
その後疲れてたので、ひろーい畳の間で大の字になってうとうと…
100921_3
お部屋からの風景

さて、いよいよ夕食です
100921_4

夜は懐石料理を地酒「雪の幻」で晩酌しながらいただきました。
100921_5

ご飯が、一人用の土鍋でその場で炊きあげるんですよ~
100921_6

今年の新米で、おいしかった~。おこげも出来てたし。
10021_7
かわいい箸置き
100921_9


展望露天風呂には合計3回入りに行きましたね。
たまたま入りに行った時人がいなくて貸し切り状態!!

翌日の朝ごはんも地元のものたくさんでおなかいっぱい♪
100921_8
栃尾の油揚げという分厚い油揚げをあぶって
サクサクになったのをいただいたのですが
間にお味噌が挟まってて美味でした。(お酒欲しくなる…)

宿泊サービスのコーヒー券があったのですが
コーヒー飲めないと言ったらアイスクリームに変えてくださって
出発前に思わぬデザートをいただきました。
駅まで車で送っていただき至れり尽くせり♪

おひとりで泊まれる温泉旅館って少ないので
また行きたいと思いました。
(今回は近畿日本ツーリスト「おひとりさまの宿」パンフで予約
 1泊2食付き19200円+夕食時のお酒663円)


2日目は新潟市内に出て
「LYS&HANIEL(リズ&ハニエル)」さんという変身写真館で撮影(^^
台湾などの海外で流行の変身写真が体験できる写真館で、
バリバリにお化粧してもらい、ドレスを着て、素敵なセットで
ライトいっぱいあてて、まるで別人!な写真を撮ってもらえるんですよ!!
アルバムになって、CDのデータとともに届くのは1ヶ月後。楽しみです♪

2泊目は駅前の「ホテルターミナルイン」素泊まりで3300円くらいで、
併設の陶板浴施設を1回無料で使わせてくれました。
汗たっぷりかいて気持ちよかった~
チェックアウト後もお荷物預かってくれてよかったです。
(こちらのホテルは楽天トラベルで予約しました。)

新幹線は「えきねっとトクだ値」で、行きは25%割引、帰りは15%割引のチケットでお得に。
ひさびさの遠出を満喫してきましたよん(・ω・)/



【ご参考】
・綿々亭綿屋さんのHP
http://www.mmwataya.jp/

・LYS&HANIELさんのHP
http://studio-lys.com/

・えきねっとトクだ値
http://jreast.eki-net.com/tokudane/?src=etrec
蛙が鳴いたら雨が降る
今、一人旅で新潟の温泉宿に来ています。
連休の合間の日を休みいただいて
日頃の疲れや諸々を癒しに…

いつもなら素泊まりの安宿ですが
今回は奮発して
豪華懐石夕食付、12畳の和室独り占め♪
地酒を冷やでいただいて
いい感じにぽよよんとしてます(´ω`*)

夕食時には
中庭から虫の音の合唱。
そして途中からカエルも鳴いていました。
なんだか懐かしい気持ちになります。
のどかでいいなぁ。。

部屋に戻ってきたら
外はざっと通り雨。

カエルさんすごいっす!!


蛙が鳴いたら雨が降る って
昔からの言い伝えだけど
ほんとに雨が降ってきたので
少し感激しました!(^^
それだけのことなんだけどね。

都会の喧騒から離れて
ひとり気ままにのんびりと
自然の中に身をゆだねてみる。
なんて贅沢なんだろう!

さて、雨もやんだし
もうひとっ風呂いってこよう♪(・ω・)/
4月12日、仙台。
4月12日(日)

松島のホテルで朝食後、朝風呂してからチェックアウト。
急いで松島海岸駅にむかい、10:11の電車に乗ってKスタへ。

この日のイベントもひとり足りな~い
090412_1

楽しそうですね(楽しかったよ)
090412_2

イベント後、仙台駅へ歩いていく途中に立ち寄った
榴ヶ岡公園のしだれ桜
090412_3

木々
090412_4

ソメイヨシノももりもり咲いていました。
090412_5

お花見客多数でした。
090412_6

090412_7

お花見を十分に楽しんで
榴ヶ岡駅から地下鉄に乗って仙台駅へ。
しこたまおみやげを買って
15:26の新幹線に乗って帰京。

ちょっと物足りない感ありましたが
それなりに楽しんだ仙台遠征でした。
(あれ?野球見なかったの?!)

4月11日、松島
2009年4月11日(土)
球場のイベントのあとは絶対に温泉に行きたいと思っていて、
最初は作並とか秋保で宿を探したのですが無くて他に探していたら
あの日本三景松島にも昨年温泉がでたとの情報を見つけ
温泉大浴場があるホテルを予約してました。

宮城野原駅から仙石線でおよそ30分
松島海岸駅で下車すると、
高台にあるホームから目の前に
大小の島々が浮かぶ海の風景が広がっていました。

駅前のカフェで、濃厚牛乳プリンのいちごソースがけを食べました。
300円。ほっとひといき。
090411_6

瑞巌寺の参道の杉並木
静寂、幽玄…
090411_7

何百年もここに立ち続けている巨木に触れてみる。
ほんのりとあたたかい木のぬくもり
生きている鼓動が手に伝わってくるよう…
090411_8

夕暮れ時になり、福浦島前まで来ました。
日中は島に入るのに200円かかるのですが、
近所のおじさんが「5時になったらタダで入れるよ」
と教えてくれたのでちょっと待ちました。
5時過ぎに赤く長い橋を渡り島に着いたら
きれいな夕日が見られました。
090411_9

夕暮れ空と、繊細な木の枝
090411_10

さざ波に浮かぶ小舟
ほのかな夕焼け色の波が美しい
090411_11

前略、橋の上から
090411_12


ホテルで温泉にどっぷり浸かって
ほくほくで晩酌。
おみやげ屋さんで購入した
ひめぜん柚子リキュールとスモーク牛タン
ルームサービスでおにぎりを。
さすが宮城のお米、つやつやでおいしいおにぎりでした。
090411_13

寝る前にもお風呂へ。
露天風呂で夜風に吹かれながら空を眺めていたら
雲間からまんまるの月が現れ
海に光がそそがれました。
きれいだったなぁ。。。
ふと、去年久米島で見た月と海を思い出しました。
…(・ω・)
自然の美しさは変わらないけれど
人間の世界は少しの間にいろいろ変わってしまう。。
これからは、いい方向に変わっていって欲しいなぁ…
などと思っていた夜でした。
4月11日、仙台。
2009年4月11日(土)
Kスタのトークショー目当てで仙台へ行ったときのこと。

久々に訪れたスタジアム。
仙台は丁度桜が満開花盛りでした。
090411_1

トークショーが始まって…
って、あれ?ひとり足りなくなくなくない?(・ω・)?
090411_2
結局おきさん居なかった。ガカーリ(´ω`lll)

トークショーが終わってから、球場周囲をお散歩。
隣の競技場のまわりにきれいな桜の木がありました。
090411_3

かわいいピンクのフリル桜
090411_4

しだれ桜も満開
090411_5


トウキョウの桜が散ってしまって寂しい思いをしていましたが
仙台に来てこんなにきれいな花々が見られたので良かったです。
このあと、松島に移動しました。

函館ひとり旅~サクラを求めて
桜前線は4ヶ月かけて今日ゴール地点の根室に届いたそうですね。
私の住んでいる神奈川県は3月の終わり頃から咲き始め、4/1頃が満開だったかな。
それからあっという間に時は流れ、気がつけばゴールデンウィークが近づいていて、
ふともう一度サクラを見に行きたい気分になっていました。
GWのあたりには、北海道に桜前線が到達します。
なので今回の旅行は、GWの後半に函館に行くことにしました。

GW期間中の旅行なので割高かな?と思いましたが、
一日後ろにお休みをもらって帰着日をずらしたら、少しお値段おさえられました。
ひとり旅で、2泊3日、飛行機&ホテル付きで32,900円でした。
(会社の健保組合の補助を使ったのでこの金額になりました)

5月5日(土)に出発。
ゆっくり10:40羽田発の飛行機に乗って12:00すぎに函館空港着。
空港で私はすぐにインフォメーションカウンターで
「電車・函館バス共通2日乗車券」を購入。
まるまる2日間、バスや市電が乗り放題で1,700円なんです。
私のようにレンタカーなどの足がないものにとってはありがたい!
夜景を観に函館山に行くのも、マイカー規制があるからバスorロープウェーなんですが
この乗車券は登山バスにも利用できるのでお得です。(往復720円ですもん)

さてさて。
まず最初に目指すのは、空港からほど近い「トラピスチヌ修道院」です。
空港からバスに乗ってすぐの「湯川団地北口」で下車。
そこから坂道を20分くらい登ると、美しいれんが造りの建物がみえてきます。
聖人たちの像が立ち並ぶ厳かな雰囲気の中、まだ少し肌寒い春の風に吹かれて
心が洗われるようでした。
八重桜がきれいに咲いていましたよ。

小一時間ほどのんびりしてから、坂道をくだったすぐ左手にあるバス停から函館駅行きのバスに乗り、今度は五稜郭を目指しました。
白くそびえ立つ五稜郭タワーには、こどもの日であったこともあって
鯉のぼりが飾られていました。

桜は…といいますと…
GWの前半、ネットで調べていたらまだつぼみだったんですよ。
出発の2日前でもまだそんな感じだったので心配だったのですが…
見事に満開!
まさしく見頃を迎えていました!
私の計算通り!!むふふ☆うれしくなっちゃった!

ホテルチェックイン前なので、キャスター付きの旅行カバンころころと引きずり、
カメラを片手に五稜郭の外堀内堀ぐるーっと桜の中をお散歩ました。
途中、BBQ(多分ジンギスカン)やっている人、タコをあげている人、
カップルさんが手作りのおにぎりを土手に座って仲良く食べていたり…
ほのぼのとした光景が見られましたよ。

桜も満開でしたが、足下を見るとたんぽぽがたっくさん!黄色い絨毯です。
また、遠くに目をやると、まだ根雪の残った山々がみえました。
関東人の私は、ちょっぴり1ヶ月ばかり前にタイムスリップした気分。
ほのかな桜の香りにつつまれて、なーんにも考えないでほわーっとしてました。
満開の桜は、いろいろ疲れたココロを癒してくれます。

夕方になり、ずいぶん歩き回ったのでさすがに疲れました。
そろそろホテルにチェックインしなきゃ、ということで
五稜郭のサクラたちにお別れをし、バスに乗って函館駅へ。
そこで函館登山バスの時刻表をチェックしてから駅からほど近いホテルへ。
アクアガーデンホテルという小さめなホテルでしたが、
市電の停留所や、朝市にも近くて立地はよかったですね。

17:00頃チェックインしました。
函館山への登山バスは、函館駅前バスロータリーから17:50発。
昼間は小春日和でしたが、夜の函館山はこの時期まだ寒いはず!
なので薄手のセータをもう一枚中に着てからホテルを出ました。

登山バスは函館駅前から約30分かけて函館山山頂へ向かいます。
お空がオレンジになりつつあるこの時間帯、18:30ころ山頂に降り立ちましたら寒いのなんのっ!
風が強くて震えが止まらない!手がかじかむ~!

丁度真っ赤な太陽が遠くの山に沈むころ。
波間にオレンジの夕日がキラキラしてきれいでした!

日没から30分くらいすると、今度は函館市街地の夜景がきれいになります。
19:00すぎ頃とのことですが、撮影ポイントは既に人がいっぱい!
とりあえず2列目をゲットして、デジカメを頭の上に掲げて写真を撮りました。
夜景の撮影は難しくて、寒さで苦労した割にはブレブレで悲しくなっちゃいますが、
そのかわり、自分の目とココロに百万ドルの夜景をじーーーっと焼き付けてきました
…(☆ω☆)カンドウ

しかし、人がいっぱいでビックリ!「スリに注意」ってさんざん注意されました。
寒さに耐えられず、20:00ころバスに乗り下山。バスの窓が曇るほど寒かった。

んで、この日の夕飯ですが、
食欲ないけれど、やっぱりちょっとくらいは美味しいものが食べたい。
ということで、ちょっと歩いて「大門横町」という、一軒あたり5人で満員になるような屋台が集まっているスポットに行ってみました。
その中のピザ屋さんが、タラバガニの足を焼いたものを2本で800円にするよ!って言ってくれたのでその場で焼いてもらってテイクアウトにしてもらいました。
ホテルに戻って、函館山の売店で買ってきた「発砲清酒 大雪の蔵 涼風麗酒」で焼きたてのカニをわしわしと食べました。カニカニ~!(*^ω^*)うほうほ~♪

こんな感じで函館一日目は終わりました。
翌日は元町のあたりをぶらりとするつもり。ヒミツの計画も!
つづく。

※お写真はもうちょっとしたら追加しマース。また見に来てね!
まりもっこり。お土産界はちょいエロブーム?
じゃじゃーん!
070509まりもっこり

函館旅行でお腹いっぱい「まりもっこり」買って来ちゃいました!!(笑)

去年の夏、旭川に行ったときに初めて出会った「まりもっこり」。
それから1年もたたないうちに、たくさん種類が増えていてビックリ!
まりも増殖!
迷ったんですけどね、選んで買ってきたのが写真のヤツら。

左から
・「津軽海峡伝説 あおもっこり」スーパーあおもっこり飛び姿(赤りんご)
・「津軽海峡伝説 あおもっこり」ジャージ立ち姿(青りんご)
↑これらは青森では売っていないらしい。津軽海峡近くの函館に出現?してるみたい。
まりもっこりと顔はそっくりだけど、りんごです。
背中には「AOMORI」と書いてあります。北海道ちゃうやん(笑)

・「ひぐまりもっこり」(黒くま)
↑ほかにも白・黄・ピンク・茶のバージョンも有り。黒は去年は無かったです。
熊の着ぐるみだけど、ジャージの2本ラインが横に入っています。
胸には「まりもっこり」のゼッケン。背中にはチャックが!

・「北海道 いくら丼はうまいっしょバージョン」
・「北海道 ラーメン大好きバージョン」
↑どんぶりに浸かっているまりもっこり!
よーく見ると、具にまぎれて真ん中当たりにみどりいろのふくらみが…!!

・「少年よ たいしたもんだ!!」
↑クラークの銅像コスプレのまりもっこり?!
上着を羽織っていてもやっぱり中はジャージのようです。

もうね、バリエーションの豊富さと、珍妙なアイデアに脱力。
売り場でひとりでニヤニヤしちゃいましたよ(あやしい)

何も知らないおばちゃんたちが、
「あら?なに?マリモなの?かわいいじゃない!」といって買ってました。
どうやら「ネーミング」と「ふくらみ」の部分に気づいていないらしい。

まりもっこりが大ヒットしたおかげ?で
北海道のみならず各地で「もっこりキャラ」が目撃される今日この頃ですが。
(「千葉のまめもっこり」「信州のもっこりんご」「沖縄のべにいもっこり」「仙台ささかまもこ」等々)
今回の旅行では似たようなセクシー系キャラを見かけました。
・ちょいリアル系なヒグマがブリーフ一丁の「ドスケベアー」
・ビキニパンツはいて筋肉ムキムキマッチョな「ひぐまっちょ」
・ブラ着用のボインのマリモちゃん「まりもブラジャーズ」
・セクシーなマリリンモンローモチーフ?の「マリモンロー」(だったかな?うろおぼえ)

ちょいエロブームですかね。お土産界。(^ω^;)いやはや。
仙台にもいた!珍キャラ「笹かまもこ」
仙台駅地下のお土産屋さんでご当地キティちゃんを物色していたところ、なんだか珍妙なキャラクターをみつけてしまいました。
ソイツは…

「笹かまもこ」!!
ささかまもこ

・・・(゜Д゜;)ぽかーん

こ、こいつは北海道のまりもっこりの仲間なんでせうか?!
ニヒルな三白眼に不敵な笑み。
腕組みをして赤ふん一丁で仁王立ち!
「味も腕もバツグン!」だそうです。

今後も行く先々でもっ○りキャラと出くわすんだろうか…
思わず買ってしまいそうな自分がコワい(爆)
みちのくひとり旅 ~おみやげ編~
11月22~23日で仙台に行ってきたときのお土産です。
仙台駅ビル「エスパル」の地下1階のお土産屋さんで購入~。

お菓子たち。
・ちっちゃなプリッツ ずんだ味(630円)
・さくらんぼぶっちょ(630円)
・ラフランスぷっちょ(630円)
・支倉焼(5個入り 630円)
・ミニ黒砂糖万頭(24個入り 1,200円)
仙台土産おかし

ご当地キティちゃんたち。
お土産屋さんには、宮城県だけでなく、東北六県のキティちゃんがいろいろありました。
・青森りんご娘キティ
・仙台牛タンキティ
・ずんだもちキティ
東北キティ

宮城限定リラックマ。笹かまでだららん
いつのまにかリラックマもご当地ものが増えていますね。北海道ではまりもバージョンがありましたし。
宮城限定リラックマ

いつもは利久の冷凍牛タンとか、宮城限定地酒とかも買っていたのですが、今回は時間切れ&お荷物重くてあきらめました。
短時間で大急ぎでお土産を買って、17:54発のはやて26号に乗って東京へ。
これでいちおう、秋のみちのくひとり旅終わりデス。
みちのくひとり旅 ~ゆづくしの宿 一の坊~
前回の続き

11月22日(水)
ニッカウヰスキー仙台工場見学を終え、作並駅前から送迎バスで宿泊する温泉ホテル「ゆづくしの宿 一の坊」へ。14:30ころ到着~!
一の坊

こちらのホテルは、仙台に行こう!と決めた時にネットでいろいろ探して見つけました。
女性ひとり旅用のプラン「わたしだけの時間」があって、魅力的。
ツインのお部屋を独り占めできるそうです。1万円で!!
でも私の宿泊する日はその設定は無く、通常のシングルルーム(1泊0食、1万円)を予約しました。残念。

私がひとり旅を始めた頃(かなり昔)は、若い女性のひとり旅で温泉宿に泊まれるなんて夢のような話でしたよ。「ひとりなんですけど…」って言うといつも断られていました。(泣)
今は「おひとりさま」ブームもあり?ひとり旅者にとってはうれしい世の中になりました~♪

で、到着したらホテルスタッフのおねえさんがお荷物を持ってくださり、ラウンジへ。
チェックインの手続きをする間のおもてなしとして、温かいお茶とほかほかの温泉まんじゅうをいただきました!!疲れていたからとってもうれしかった!!(´▽`*)
温泉まんじゅうでおもてなし♪

このときに、翌朝の作並駅までのシャトルバスの予約をしておきました。(要予約)
おまんじゅうを食べ終えたら、お部屋まで案内していただきました。
私の宿泊するお部屋タイプはシングルルーム。
よくあるビジネスホテルのシングルルームと同じ広さ。
洋室でベッド、トイレ付き。お部屋におふろ(シャワー)はありません。
おへや

もともと喫煙ルームのようなので、タバコの臭いが染み付いていてそれだけがちょっと残念でした。あ、あと外の景色ね。障子を開けると山も見えますが下は工事現場?でした(^^;

ホテル前の「川見の茶屋」で甘酒が飲めるチケットをもらったので、一息ついてから行ってみました。茶屋にたどり着くまでほんのちょっとの距離なんだけど風が強くて寒かったので、温かい甘酒でほっこり暖まりました。
甘酒


さてさて。いよいよ浴衣に着替えてお楽しみの温泉へ!!
露天風呂への道は長い下りの渡り廊下。
温泉へ続く道

露天風呂は2種類あります。時間によって男女入れ替え制となっており、この夕方の時間帯は「広瀬川源流露天風呂」が女湯でした。
お外はとっても寒いけれど、すぐにお湯につかれば問題なしっ!
目の前に広がる景色がとっても奇麗なんですーー♪

向かいには大きな岩山、下は広瀬川の源流が回り込むように流れていまして、右手の岩山にはまだ少し残っていた紅葉が彩りを加えていました。よく見るとほそーい小さな滝が流れていましたよ。
夕暮れ前に行ったのでぎりぎり全景を楽しめましたが、暗くなってもライトアップされていてそれはそれでとてもいい雰囲気。目下の水面には川魚の影も見えました。
ぼーっと身動きせず温泉に浸かっていたら、いつの間にかまわりに紅葉などの落ち葉が寄ってきていてくすぐったかった(笑)。自然の中でのーんびり、まーったり。
リラックス効果があるという「よもぎ」が焚いてある蒸し風呂もあって、ホカホカに暖まりましたよ。

おふろ上がりに、露天風呂入り口にある「大根茶屋」で冷酒とふろふき大根、お野菜の炭火焼をいただきました。小食な私はこれくらいでお腹いっぱい大満足。
ホテル内には他にもお食事処がいくつかあって、よりどりみどり。懐石コースのお店や大根のしゃぶしゃぶ鍋のお店、ごはん居酒屋…

売店をうろうろした後、部屋に戻ってゴロゴロして、露天風呂の入れ替え時間になったのでもう一つの露天風呂「鹿のぞきの寝湯」へ行きました。
おふろまでは外の渡り廊下なのでとっても寒い!!(((×ω×)))
先ほどの広瀬川源流の露天風呂に比べるとずいぶんと小さいです。
露天風呂の後には大浴場内風呂でゆったり。ドレッサーやドライヤー完備で、マッサージチェアもありました。座っていたらしばし居眠り(-ω-)zzz...
Σ(・ω・)はっ! いかんいかん。湯冷めしちゃう!
その後はちゃんとお部屋に戻って、翌日の楽天ファン感謝祭に備えて眠りにつきました。

翌朝はホテル発9:10のシャトルバスに乗って作並駅へ行きます。
バス出発の時間までにもう一度露天風呂に行って、温泉を満喫しました♪
ほくほくの1泊、11,370円でした。(夕食代込み)
仙台に行くときは、また泊まりに行きたいです(・ω・)ノ

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。