FC2ブログ
プロフィール

ゆゆ

Author:ゆゆ
マイペースでだらりん、
まったりと。
ボケ防止にブログやります。
(・ω・)

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去のログ

Twitter@sister_yuyu

ゆゆふぇぶろぐ
更新不定期ぐうたら日記。 ~しがないOLのチラシ裏~
なんだか満身創痍?!
先週は精神的疲労で月曜日ズル休み。
そっからは頑張って金曜日まで勤め上げましたが
木曜日頃から胃腸の調子が悪くなり始め、
金曜日の夜はお楽しみの晩酌もせず
頓服薬を飲んでベッドの上で朦朧としてました。

なんとか、つれウツドラマの最終回は見ることができましたが
それまでの時間もテレビをつけていたのに
何を観ていたか、全然覚えていません

ドラマは仕事が原因でうつになったツレさんが
「こんな状態になっているのは自分だけじゃないんだ」
「なんでも完璧にこなさなきゃと思っていたけれどそうじゃなくてもいいんだ」
「ゆっくりでもいいから、できることからはじめればいい」
といった「気づき」により、すこしずつ自信(自身)を取り戻し始めた…
明るい兆しで終わりました。

私がむかし、パニック障害の症状が強く出ていた頃
やっぱり「こんなの自分だけだ。おかしくなっちゃった。どうしよう…」と
絶望的な気持ちになっていました。
できもしないのに完璧主義で、できないことに「ダメ人間」だと思い込んで落ち込んで。
パニックに加えて、抑うつ状態も誘発して
当時は抗不安薬と抗うつ薬を飲んでいて、
いつも身体がだるくて、歩くことも足が鉛のように重くてつらかった。
副作用で太って顔むくんでたし。

藁にもすがる思いで本屋さんに行って見つけた本が
「精神科に行こう!」(大原広軌 著)で、
「私だけじゃなかった!」と救われました。
つれウツドラマを観て、その頃のことを思い出しました。

当時はまだパニック障害についての本は数少なく
メンタル系の病気は偏見が強くて
両親にも理解されず
とてもしんどかったのですが…。
それからでしょうか、芸能人やスポーツ選手の方が
「私もパニック障害です」とカミングアウトされることが多くなったのは。
ウツ系もパニック系も、今では読みやすいまんがエッセイ系の本も増えて
少しは認知、理解されるようになったでしょうね。(…と思いたい)

薬のみつつ、ゆっくりと良くなってきて
今では抗不安薬と胃薬、たまに睡眠薬程度ですが、
今でも両親からは薬を飲んでいることをよく思われていない。
(きっとカウンセリング受けてることも良く思ってないんだろう。世間体的に)

私は自分の弱いところはわかってるつもりなので
しんどい時は病院なり薬に頼ることは悪いとは思っていない。
ムリもしない…ようにしているが、
お勤めしてると休めない時もあるからなぁ…難しい。
今回はそろそろヤバいと思ってるところで休めなかったから
(しかも苦手な人に気を遣いすぎたから)
ちょっと来ちゃったかもしれないけれど…
頃合いを見計らって
早めに夏休みの計画出しちゃって休んでしまおう。
(じゃないと、部下の調子なんておかまい無しにシゴトぶっ込んで来るから)

そーでなくても
右足首は完全ではないし
昔痛めた右膝が痛み出したし。
気分転換のサイクリングで平地をこいでいても右膝が鈍く痛むのです。
歩いていると股関節が こきっ となったり
(生まれつき股関節脱臼だった私。その影響?!)

あと腰痛。
もともと腰は弱い方ですが
4月終わり頃の会社のレイアウト変更時に
すっっごく重たいダンボール箱を勢い良く持ち上げた時にヤッタっぽいです。
それからというもの、丁寧なおじぎをするくらいの角度に曲げたり
椅子から立ち上がった時など、「いたたたた」「あたたたた」とお年寄り状態です。

今朝は起きたら左肩から首にかけて寝違えてるし…

病院行くほどでない不調がてんこもり


昨日は一日中下痢だったし…

今日はダーツ部の休日練習会で、珍しく「ひとりじゃない外出」するのに~

オナカが怪しいけど
正露丸飲んでGO! だわ。
気分転換は必要。。。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yuyufeblog.blog50.fc2.com/tb.php/1066-9f50215f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する