FC2ブログ
プロフィール

ゆゆ

Author:ゆゆ
マイペースでだらりん、
まったりと。
ボケ防止にブログやります。
(・ω・)

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去のログ

Twitter@sister_yuyu

ゆゆふぇぶろぐ
更新不定期ぐうたら日記。 ~しがないOLのチラシ裏~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院、仕事復帰から1ヶ月
右足首の抜釘手術で入院したのが2月19日。
3月7日に退院して、9日から仕事復帰して
あっという間の1ヶ月でした。

どっぷり2週間療養したあと
いきなり以前と同じように仕事をし、
年度末・年度始めを緊張しながら迎えました。
去年はこの忙しい時期に穴空けてましたのでね…。
なんとか大きな問題も無くここまでこれましたが
ストレスと疲れが溜まってきて
最近は胃腸の調子がすこぶる悪いです。
身体もだるいし、風邪気味で咳が…
そして謎の胸痛…
Σ(・ω・)ま、まさか結核
…なわけないさ(´ω`)熱ないし。

今週末、仙台に行きたいのに…
前日まで様子をみて、決めよう。。(・ω・`)

足の方は、ちょっと過保護にしすぎか。
通勤時バスを使っていたので
一日に歩く歩数が3000歩とかでしたが、
桜が咲き始めてからは帰りに夜桜見物してたので
7000歩くらいまで増えました。
そろそろ、片道30分の道のりも歩けそうです。

右足首の内側が時々、キシキシ痛みます。
きっと、ボルト抜いたあとの骨の穴が埋まって来てるんだろうな。
相変わらず稼動域はそれほど変わらないのですが。


プロ野球が始まって、リハビリ通ってた頃に
担当PTさんと野球の話してたことを思い出しました。
PTさん、ハマファンって言ってたよな~
…と、今ニュースを見ていたら…
巨人ひでえ!!!なにもあんなにフルボッコにしなくたって…(;ω;)
今年は横浜を応援するよ…
(↑暗黒時代の阪神ファンの血がさわいでいる?!)
横浜さ~ん、まだまだいける選手いたのになーーーー
「会社の目の前でズッコケ大怪我事故」から丸一年
一年前の今日(2008年3月18日)
カイシャに遅刻しそうだったので大爆走していたら
右足首をひねってしまい転倒。
会社のビルを目前にしながら…。
ものすごい力が掛かっていたのと、運が悪かったのが重なって
「右足関節脱臼骨折」という大怪我をしました。
つい先日、抜釘手術を行い、ようやく一段落。

オフィスの窓から、事故現場を眺めながら
「ああ、あれから一年か…」
と、感慨深く、今日という一日を過ごしました。

一年前の今頃は、パンパンに腫れた右足首を冷やしながら
うんうん言って、眠るに眠れなかったんだわなぁ。
翌日、病院に這って行って、主治医先生と出会って。。。
…(・ω・)

2008年3月21日に手術して、4月からリハビリ始めて
4月中旬に会社に復帰。
5月末までマンスリーマンションでの都会暮らし。
6月からは松葉杖無しで歩けるようになり、
野球の追っかけにも復帰。
リハビリは9月までの約6ヶ月間
担当PTさんがいい人だったから楽しかったな~
精神的にも癒されましたわ。(*・ω・*)
9月末にお引っ越しをして今の街に。
それと同時にご主治医様が異動(´・ω・`)
オペから11ヶ月後の2009年2月20日に抜釘手術
長いようであっという間だったような…
たくさんの人々の暖かさに触れられた一年でした。


そーいえば
入院して、手術して、退院するまでの間にサクラ散っちゃったんだった。
今年のサクラの開花予想は3月21日。
最近は足が痛いのでバス通勤してて、
徒歩通勤経路にある桜並木を全然見ていなかったので
(;・ω・)もうそんな時期?! とビックリしております。
週末、見に行ってみよう。
今年はサクラを満喫するぞ!!

抜釘手術からもうすぐ1ヶ月ですが、
足首痛い…(;ω;)
皮膚がつっぱって、時々ピリピリ
関節の稼動域も全然かわらず。
どれくらい経ったら痛みなくなるんだろう…
足首曲がるようになるんだろう…
もう外来診察無いからわからないよぅ。

とりあえず
カルシウムとって
転けないように、無理しないように
要注意 でござる。

1周年記念(?)ということで
スーパーの半額にぎり寿司食べちゃいました♪
ささやかなしあわせ
退院後1週間経って
3月7日に退院して
9日から会社に復帰。

木曜日の午前中に病院に行ったので
働いたのは正味4.5日でしたが
つかれたーーー!!(´ω`;)

2週間の入院で体力がすっかり落ちていて
足もまだ痛い。
徒歩30分の通勤も、ムリをしないでバス通勤に変えました。
それで体力温存したつもりですが、心身ともに疲れて
この土日はどっぷりと、引きこもりました。

足首の状態は…
手術した箇所の、ゲジゲジした縫合の痕は
かさぶたや古い皮膚の脱皮がほぼ終わり
やっぱりちょっとケロイド気味。。
先生、今回も細かく丁寧に縫ってくれたのに
私の体質がダメなのね…(;ω;)
皮膚がつっぱってイヤな感じ。
内、外のくるぶし周囲の腫れは引いてきましたが押さえると痛いです。
曲がり具合は、手術前と変わらず硬直感があって
十分に曲がりきりません。
まあ、すぐに回復とはいかないと思っていましたが…


私の足が治ってきたのに
不幸の連鎖ってあるみたいで…
昨年度まで私の上司だった方が足を骨折して入院中とのこと。
私が抜釘手術を行った数日後にケガして手術したらしい。
なんてこったです。(TωT)どうかおだいじに…。。

ついに、退院。(3月7日)
ついに、退院!
3月7日(土)晴れ。
入院17日目
オペ後15日目

昨夜は夜景やドラマを見たあと
ちょっと切なくなって枕をぬらしながら23時台に就寝。

6:00 起床
7:30 朝食
 パン2個、コンソメスープ、ミックスサラダ、マーガリン、リンゴジャム、飲むヨーグルト
8:35 主治医先生が抜糸後の傷のチェックに来ました。
 ぱっと見てOK。今日からお風呂に浸かってもいいって♪
 最後にちょっと雑談して、先生が同年代と発覚。
 異動しちゃうけど、新しい勤務先でも頑張ってね!!
8:50 お掃除のおばさんにごあいさつ。泣きそうになった。
10:30 主治医先生が病棟回診。もう一回ごあいさつしました。
 午前中は同室の方たちとしばし雑談
12:00 お昼
 ごはん、お麩のすまし汁、からすがれいの照り焼き、もやしの甘酢あえ、金時豆、オレンジ
 最後の病院食でした。じっくりと、かみしめて味わう。
13:20 リハ室覗きに行ったけど、担当PTさんはお休みだった。
 同僚PTさんによろしくお伝えくださいとことづけ。
 本人が居なくてよかったかも。泣きそうだったから。
14:00 ついに退院
 土曜日の昼間だったので人が少なかった。
 看護師さん2名と、同室の方が見送ってくださった。
 その方がよかった。泣きそうだったから。
 外に出たら、きれいな青空。
 病室の方を見上げて眩しく感じた。
14:15 タクシーに乗って帰宅

部屋に入ったら、今までこらえていた涙がどっと溢れてきた。
しばらく涙が止まらなくて泣いていた。
みなさんへの感謝の気持ちと
みなさんとのお別れのさみしい気持ちと
約一年間の怪我生活が終わってほっとしたのと…
いろいろな思いでいっぱいだった。

たまったお洗濯をしてから
お不動さんと八幡さんにお礼参り。

この日はなんだか
レミオロメンの「太陽の下」が聞きたくなって
何度も繰り返して聞いていました。
「茜空」や「粉雪」も心にしんみり響いた。

自分、一人の方が気楽で
「おひとりさま」が得意なはずなんだけど
今回のように多くの人々の優しさに触れたら
ひとりの「自分ワールド」から「現実世界」にちょっと戻ってきたような感じ。
人恋しくなりました。
入院中も、そのあたりのことはいろいろ考えましたけどね。
思わぬ怪我をしてから、仕事の異動があったり
ほかにもいろいろあって、やたらと動きがあった1年だった。
ひょっとしたら今が人生のターニングポイントかもしれない。
明日から普通のOLに戻る訳ですけど
心を入れ替えて毎日を大切に過ごしていこう。
たくさんの方への、感謝の気持ちを忘れないで…


主治医先生、看護師さん、理学療法士さん、病院のスタッフの方々
本当にありがとうございました。
このご恩は一生忘れません。
みなさまに会えてよかった。
(;ω;)ノシ
抜糸。そして、退院前夜 (3月6日(金))
抜糸。そして、退院前夜
3月6日(金)雨。ずっと雨。
入院16日目
オペ後14日目

昨夜は他の部屋から?聞こえるすごいいびきにびっくりしてなかなか寝付けなかった。
朝方も何度か早朝覚醒
6:00 起床
7:30 朝食
 ごはん、じゃがいもとたまねぎの味噌汁、青梗菜の煮物、納豆、ヨーグルト
8:40 看護師さん申し送り
10:10 検温 36.5
10:30 おひとり入院。8人部屋に7人。1ベッド空き
10:55-11:05 先生の回診。ついに抜糸!
 今回も丁寧に縫合してくださっていたようで、小さなピンセットとハサミで難しそうにしてました。
 内くるぶし側5針、外側11針
 今日一日は濡らさないように と。
 処置中、ベッドの上のvaioに気づく先生。「あ。最新のパソコンだ」「いくらだった?」興味を持たれたご様子。
 元主治医先生(○´~`○)がお元気かどうか聞いてみたら、「元気そうですよ」と。
 なんだか時々こちらの病院に来ていらっしゃるらしい。
 (・ω・)お元気なら、いーんだけどね。
 いままで、忙しそうにしていらっしゃる先生方になかなか話しかけることができなかったのですが、
 最後の最後にちょっと打ち解けられた…かんじ。
 ずっと私の「PC」が気になっていたみたい(笑)
11:55 5階→2階→5階 階段で。
 リハビリ室覗いたらPTさん方お忙しくしてらしたので、抜糸の報告は後回しに。
12:10 お昼
 ごはん、きぬさやのすまし汁、鯖の味噌煮、肉じゃが、かぶのつけもの、キウイ

昼食後午後はずっと廊下のベンチでぼーっとしたり、雑談したり。
16:30-17:00 シャワー
17:00 ヘルパーさんとお別れ。
 (・ω・)「いろいろとおせわになりました。本当にありがとうございました。」
 「ゆゆさんのスマイルに癒されましたよ」
 …(;ω;)ウッ  …スマイルはおっきーの教え…
17:20 現主治医先生にレントゲンを見せてもらう。
 Before 細い足首にボルトやら、プレートやらいっぱい
 →After それらがすっかり取り除かれ、穴があいている骨
 骨の穴は2~3か月かけて自然に埋まっていくそうです。その間は激しい運動はダメ。水泳は推奨ですって。
17:30 5階→2階→5階 階段で。リハ室閉まっていた。
 病棟事務の子に会ったのでお礼&ごあいさつ。
18:10 夕食
 ごはん、お麩のすまし汁、回鍋肉、アスパラのお浸し、オレンジ
19:00 実家に電話しに2階へ階段で移動。
21:00 消灯

最後の夜です。
静まりかえった真っ暗な病室
窓のカーテンは開けたままにして、しばらく外を見ていました。
お世辞にもきれいとは言えない景色だけれど
建物のわずかな隙間から見える夜景と
遠くの羽田空港から飛び立つ飛行機の光を
ただただ 眺めていました。
最後の飛行機は22時すぎだったかしら。

こんな表現をしたら「違うだろ!w」と叩きツッコミが入りますが…
「月に帰るかぐや姫」
「24時で魔法が解けるシンデレラ」
私が、家に帰る
現実世界に引き戻されるリミットが近づいている。
明日になったらここを出て
家に帰って
月曜から普通のOLに戻る…

長いようであっという間だった
2週間ちょいのロングバケーション
たくさんの方々に
たくさん良くしていただいて
感謝の気持ちでいっぱいで
いろいろ思い出していると涙が出てきました。

ちょっと切ない
病院の夜。でした。
右足関節脱臼骨折 抜釘手術!(2月20日)
2/20(金)雨のち晴れ

入院2日目 右足関節脱臼骨折 抜釘手術当日

ついに来ちゃったよ!抜釘手術だよ!!(・ω・)/
11ヶ月間、右足首をがっつり守ってくれたボルトさん、プレートさん、お役御免の日です。

昨夜はいつもより早めに眠りにつけたが、早朝覚醒しました。
オペ当日なので絶食。お水も飲めません。

6:30 検温36.8 血圧測る
午前中はドキドキしながらゴロゴロ

12:30 母が来る
13:15 先生が来て点滴開始(×ω×)イチチチチ
13:20 術着に着替え。エコノミークラス症候群予防のために、
手術しない左足には弾性ストッキングというキツいやつを履きます。

13:30 点滴をゴロゴロ引きずりながら歩いてオペ室へ(((・ω・lll)))ガクブルドキドキ
13:35 オペ室着。かわいいオペ看さん3人組に名前を確認され、手術台に上がり、血圧計、心電図をつける。

整形外科の先生は2人。
新・主治医先生も若く見えるけど、もう一人の先生はもっと若くてしかもイケメンときた!
(・ω・*)ウホッ ←緊張してんじゃねーのか?
先生に(・ω・)「抜いたボルトとか記念にください」とお願いしました。

13:50 麻酔開始。身体の右のほうを下にしてえびのように丸くなり、背中を3回消毒。
最初は表皮の麻酔。ウヒャー!(×ω×)キター!イダダダダダ
それが効いてきてから腰椎麻酔。先の麻酔のおかげで痛さは感じない。
しばし、丸くなったままそのまま。じんわりと下半身があたたかく、ビリビリしてくる。
どこまで麻酔が効いているか、冷たいものやチクチクしたものを当てられる。
ちょっとききすぎて?へその上あたりまで感覚なくなる。(・ω・;)ダ、ダイジョブナンスカ

14:20 仰向けになって手術台に縛り付けられる。
目の前にはタオルがかけられるので足のほうは見えない。
感覚のない足を消毒?でバリバリ拭かれる。
眠くなる薬を点滴で入れてもらうが、少量だったので眠らず。
ただ、緊張と寒さによる震えはおさまり、気持も落ち着く。

14:30ころ 抜釘開始。
オペ室内にはリラクゼーション系のBGMが流れている…。
「そうだ、京都へ行こう」のCMの曲とか。

15:00ころ スクリューなど取り終わる
15:20ころ 縫合終了
15:40 すべて終了。尿管を抜いて、導尿カテーテルでたまっている尿を抜く。
今回は術後の尿管はつけない方法をとってくれました。
オペ台からストレッチャーに移される際、先生「ん、う、動かない」と。
…スミマセン去年のオペ時より4キロ太りました。。(TωT;)

16:00 レントゲン室へ運ばれ、寝たまま撮影
16:20 部屋に戻る。熱37.1
17:00ころから腰→左足(手術してない方)の麻酔が切れ始める。まずは腰痛。だるい。
17:45 リハビリの担当PTさんが部屋に来てくれました。
(;・v・)ダイジョウブデスカ? (´ω`;)ハイ。アリガトゴザイマス…
18:00 母帰る
18:30ころ ニュース番組で寿司特集。腹減った…
19:00ころ 先生が様子を見に来る
19:30ころから右足(手術した方)の麻酔が切れ始める
20:30 完全に麻酔が切れる。痛み(ll・ω・ll)キター!!
22:00 看護師さんに支えられ、おトイレに行く。術後初トイレ。
足が痛くてとても歩けたもんじゃありません。
いつも就寝前に飲んでいるお薬服用を許される。久々の水~

右足がズキズキ痛む。前回の骨接合術の時よりはマシだが、かなり痛い。

23:00~2:00 すこしウトウトする
だがその後、結局痛みで眠れず朝を迎える。

いやぁ、やっぱり個室でよかったです。
「イテテテテ!」とか「ううううう」とか深呼吸とか溜息とか
ベッドで悶えてギシギシうるさかったですもん。
一晩中テレビで気を紛らわせることもできましたし。

抜釘手術の痛みですが、
骨接合術の時の痛みが「超ウルトラスーパー激痛」だとしたら、
今回は普通の「激痛」くらいで、
痛み止めを投入することなくなんとか我慢できました。
焼ける!ちぎれそう!といった感覚はなし。ただひたすらズキズキ。


そうそう、部屋に戻ってきたときに
足首から取り出した金具が届きました。
スクリュー8本
プレート1枚
ワッシャー1枚
チタン製どすえ。


そういや、オペ中はねむり薬で眠らせてくださいってお願いしていたのですが
がっつり目覚めてました。時計で時間確認して覚えていられるくらい。
まあ、パニック起こさなかったし、
非日常的な体験ができたから良しとしませう。

とりあえず、無事に生還(?)しました!(・ω・)/
いよいよ入院
右足関節脱臼骨折後の抜釘手術を明日に控え
本日入院いたしました。

2週間ちょっと会社をお休みしてしまうため
昨日は20持ころまで会社で残務処理。
帰ってきてから、新しく手に入れた
VAIO typePのセッティングを夜遅くまでやって
朝急いで荷づくりして10:45に病院入り。

入院センターで手続きのとき、
整形外科病棟が工事中でしばらく内科病棟の大部屋になると言われたので、
差額ベッド代がちょっと苦しいけど個室に変えてもらいました。
4日間はVIPです
まあ、手術前後の一番ナーバスな時期だから、
できるだけ普段と同じような環境にしたほうが精神的苦痛が軽減するから
これでよかったかもしれません。
古いけれど、ビジネスホテルのシングルルームのよう。
トイレとお風呂付です。
大部屋だと有料のテレビが見放題です!見まくるぞ!

ねまきに着替えて、熱を測る。36.7

12:00 昼食
 ご飯、春菊のすまし汁、白身魚の西京焼き、きんぴらごぼう、かぶのつけもの
 グレープフルーツ、ほうじ茶
常食で、一日当たり1600Kcal
ご飯は130グラム

売店に手術用のTパンツ(T字帯)を買いに行ったら、
去年入院した時に病棟でお世話になったクラークさんと再会。
清掃担当のおばちゃんにも会いました。
(すこし太った?と。あの頃はガリガリだったからなぁ…^^;)

15:00ころ、新・主治医先生がお部屋にきました。
退院日については、4日目以降なら自分で決めて好きな時期にどうぞ、
抜糸までは2週間。それまでいてもいいよ~、とのこと。
16:00 シャワーを浴びる
17:00 右手首にネームバンド装着。21持以降絶食の札が掛けられる。
17:20 リハビリ室をのぞきに…。担当PTさんにごあいさつ
 (・v・)「あした、手術?」
 (*´ω`)「そーです。緊張してきました(ガクブル」
 (;・v・)「思いっきり抜釘してもらってくださいね」ガンバッテ
17:55 オペ室の看護師さんがオペの流れを説明しにきました。

18:00 夕食
 ご飯、いろいろ入ったみそ汁、きのこあんかけハンバーグ
 トマトとアスパラのサラダ、キウイ、ふりかけ、ほうじ茶

さて、そろそろ21:00
お水を飲むこともできなくなります。
(;・ω・)
うわわ…いよいよだな。。。
とりあえずテレビはずっと見られるので
只野仁とか、深夜の源氏物語の微妙なアニメとか見て
リラックスしよう。(↑早く寝なさいってば)
診察、手術日決定。(1月23日)
右足関節脱臼骨折の抜釘手術の日程を決めに
1月23日(金)病院に行ってきました。

新しい担当の先生が最初に
「元・主治医(○´~`○)先生がA病院に異動になってしまったけど
 どうします?ゆゆさんA病院の近くに住んでいるんですよね?」
と、カルテの住所が前のままだったのでこう言われたのですが、
(;´ω`)「あ、わたしこっちの方に引っ越してきちゃったので…
       こっちでいいです」
と、とっさに答えてしまいました。
わたしの仕事が忙しくない2月下旬に…ということで
2月20日(金)に抜釘手術しましょう、となりました。
前日に入院。
また腰椎麻酔…(-ω-lll)
術後2週間で抜糸。それまで入院することにしました。

その場ですぐに手術・麻酔の説明書を書かれ、
術前検査(胸部X線、血液・尿検査、肺活量、心電図)をし、
入院センターで書類を受け取って終了。

とんとん拍子で話が進んでしまいましたが…
時間が経つにつれ、
やっぱり元・主治医先生のいるA病院にすれば良かったかな…
と思いはじめ…
でももう決めちゃったからしょうがないか…
新しい担当の先生も前回の手術で立ち会いだったそうだし…
こっちの病院だったら、外泊許可取ってすぐ今の家に帰って来れるし…
とかとか
頭の中でうじうじ考えてしまいました。

帰りにリハビリ室に寄って
担当PTさんにご挨拶&ご報告。
(・ω・)「抜釘手術きまりました~」
(・v・)「抜釘後のリハビリは通常ありませんが
     入院中ヒマだったらここに遊びにきてください」
(*´ω`)「はい~」
王子がいるから、こっちの病院でいいか…。


午後はカイシャで仕事をし、
自宅に帰ってきてから晩酌し、
夜、元・主治医先生に報告メールしました。
……が!
相変わらず返事コナーーーイ!!
(;ω;)私のこと、わすれちゃったのかしら?
(・ω・)忙しいんだね。。。きっと。
久々の診察と、王子との再会
今日は足首骨折の経過観察で久々の診察でした。
オペから266日目
前回の診察が9月19日だったので、およそ3ヶ月空きました。

10月1日に主治医先生(○´~`○)が別の病院へ異動になって
今日は新しい担当の先生の初診察。
(・ω・).。oO(小島よしおを細くしてすっきりさせた感じ…)←失礼

レントゲンを撮ってきて診てもらったら
骨は問題なくくっついているとのこと。
抜釘の手術の時期については、基本オペから1年経ってから。
だから、来年の3月頃が好ましい。
ただ、その時期は私の仕事が忙しいから、ということを
前の主治医先生に話したら
「早ければ年明け(1月)」と言われていました。
でも今日の先生は、
「うーん、1月だとちょっと早いかも。
 よほどボルトが当たって痛いとか不具合が無ければ
 再骨折を防ぐ為にももうちょっと期間をあけた方がいいですよ。」
…と。

(lll・ω・)ま、万が一、再骨折なんてことになったら困る~(ガクブル
今日の時点ではちょっと答えが出せず…。
とりあえず次回の診察を1月23日にいれて、
その時に決断、ということにさせていただきました。
先日、胸と背中が痛くなって息苦しくなったことの検査が
来週16日にあるので、その結果も待ちたかったので。。
先生曰く「見る限り元気そうだから大丈夫だと思うけどね~」
(^ω^;そですか。

手術の時期については、カイシャと相談して
早ければ2月、にしようと思ってます。
(´・ω・).。oO(キャンプ突撃することもなくなっちゃったし…)
とりあえず、元主治医先生にめーるでも入れておこう…。


。。。。。
診察が終わって、
久々にリハビリ室に寄りました。
最後のリハビリが9月25日でしたが、
その時に担当PTさんにちゃんとお礼が言えずにもやもやしてたので…。
行った時、王子(・v・)は病棟に行っていて不在でしたが、
同僚の方がわざわざ呼びに行ってくださいました。
待っている間、((・ω・))ドキドキ

(・v・)「おひさしぶりです、おげんきそうですね」
(*・ω・)「ご無沙汰してます!おかげさまでまあまあです」
王子様、おかわりなく、お元気そうでよかったです。
今日の診察の結果、手術の時期のこと、
引っ越したこと、野球のことで失意のどん底…
などをお話しして
(*・ω・)つ■「あの、これ、今までのお礼です…」
お菓子を差し入れしましたら
(*・ヮ・)「あっ、ありがとうございます!」
と、なんともすてきな笑顔で受け取ってくださいました。
(・v・)「また次の診察の時に寄ってくださいね」
(・ω・)ノシ 「はい!おシゴト頑張ってくださいね」サヨナラ~


(*;ω;).。oO(素敵な笑顔は癒されるわぁ)
王子のマイナスイオン効果ですこし元気になりました。
骨折の保険金、さんじゅうに…
骨折の保険金が入りました

毎月1,000円の障害疾病保険に入っていたので
今回の足首骨折の保険金を請求していました。
今日、郵便で通知が来て…

・入院保険金 136,000円(8,000円×17日)
・通院保険金 104,000円(4,000円×26日)
・手術保険金  80,000円(8,000円×10倍)
---------------------------------------------------------
   合計  320,000円
    
(・ω・)…さんじゅうに…

治療費は労災扱いになったから
(*・ω・)もうかった?!ように見えますが…
約1ヶ月半のマンスリーマンション代で結局トントンでした。

保険入ってて良かったぁ~!!
ずーーーっと掛け捨ててきてたから
毎年継続するかどうか悩んでたんですけどね。。
いつ何があるかわからないですからね~。
助かりました。

備えあれば憂い無し?!

いやいや、できれば今後は何事も無く
健康に過ごしとうございます…。(・ω・)
りはびり(9月25日)いきなり最終回
今日はリハビリ。
オペから188日目。

朝一番の時間しか取れなかったので9時前に病院へ。
リハビリ室に行ってリハビリ開始。
歩きとしゃがみ込みのチェック、
足首の角度計り、
足を伸ばして座った状態でほぐしてもらう。

今後は
しゃがむ運動をやって、足首固くならないように稼動域を徐々に広げる。
スネを上の方に向かってマッサージすること などをやってくださいと。

先日の主治医先生の診察の時
もうリハビリは一旦終了で…といわれていたのだけれど、
今日が最後、という心づもりではなかったので
もう一回くらいあるかと思っていたので
PTさんから(・v・)「今日でおしまいです。卒業ですね」
と言われて一瞬
(・ω・)え?
となってしまいました。

心の中では動揺しつつも、
いつものように、なるだけ普通に
笑顔で会話して、
最後は、次の患者さんも居るし
周りに別のPTさんもいるし、実習生さんも居るので
ごくごく普通に
(・ω・)「今までどうもありがとうございました」
と言って、最後のリハビリを終えました。。。

病院を出て
今日は朝一のリハビリだったから
そのまま会社にすぐ行けば
午前休ではなくフレックスの時差出勤扱いになるけど
なんだか行きたくなくて
近くの海の見える公園でぼんやりしていました。
景色を眺めているうちに、なんか寂しくなってきて
このまま公園のベンチで横になって眠ってしまいたい気分になりました。

リハビリの先生に、ちゃんとお礼が言いたかった。
もっとお話ししたかったな。
週に一度の、お仕事前の癒しの時間だった。
半年間当たり前のように過ごしていた時間がもうなくなってしまう。
…(;ω;)
主治医先生も異動で居なくなってしまうし…
(TωT)ひーん…
ただでさえ、初秋って寂しくなってしまうのに
なんだなんだ?立て続けにお別れが来るのは!拷問だ!

主治医先生には、メアド教えてもらってたから
診察の時に言えなかったお礼をおくりましたが。
(返事ないけど。-ω-;)
リハビリ王子にはお礼を言う手段が…ない。
お手紙書いて、病院に寄って渡すかな…
なんだかこのままでは中途半端過ぎて嫌だ!
ここのブログで半ばネタで「王子」なんて呼んでいたけれど
変な下心無しに、純粋にお礼とこれからも頑張ってと伝えたいのです。
つらい時期を支えてくださった方々に、ちゃんと「ありがとう」を…。
(;ω;。)

今宵は強風が吹き荒れてます。。。


あ、ちなみに
足首の稼動域は完全に元に戻ったわけではないのです。
日常生活をおくる上で困難でない程度になったら
リハビリはそこまで、ということみたいです。
抜釘したら、また変わってくるでしょう とのことでした。
ご主治医さま最後の診察
けふ。
9月19日(金)オペから182日目の診察。
骨折をしてから約半年。
前回の診察から約一ヶ月。

一昨日のリハビリの時、
ご主治医様が10/1に異動される事を知りました。
だから、ここの病院での先生の診察は今日が最後。

【ここで整理】
3月中旬、私は出勤途中にカイシャの目の前でずっこけ足首を骨折。
その日はとりあえず会社の診療所で診てもらい、
自宅近くのA病院へ紹介状を書いてもらう。
翌日、自宅近くのA病院へ行く。
A病院ではすぐにオペが出来ないことが判明。
たまたまその曜日だけA病院の外来に入っていた
会社近くのB病院の先生(=ご主治医様)のはからいにより
すぐオペが出来るB病院に入院。
B病院でオペし、退院後もそこでリハビリを行って現在に至る。


今日はレントゲン撮影あり。
撮影後、外来で1時間ほど待つ。
(○´~`○)「ごめんなさいね、おまたせしちゃって」
(・ω・)「いえいえ」
レントゲンの結果は、順調。
(○´~`○)「今度そちらの病院(私の現在の自宅近くの病院)に行く事になったんで
       抜釘の手術もそちらでやりましょう」
(;・ω・)「せ、センセ、わたし今月いっぱいで引っ越しちゃいますヨ」
(○゜_゜○)「えっっ!?」
(lll TωT).。oO(前に引っ越すって話したの、忘れてる~…。)
(○゜_゜○)「しまった!失敗したーっ!」
( TωT)「思いっきり入れ違いですね」
      (↑私が引っ越した後に、先生がその街の病院に異動してくる)
(○´~`○)「…まあ、抜釘の手術は他の先生でも出来るしー…。
        大体手術から1年後…だから3月くらいにやりますかね?」
(;・ω・)「3月はうちのカイシャ、メチャクチャ忙しいので…」
(○´~`○)「じゃあ、次の診察(12月)の様子をみて、早ければ年明けに抜釘しましょう」
(´・ω・).。oO(でもそのオペ、先生が執刀じゃないんだよね…)

来年は、新年早々入院オペになりそうです。
オペ後はまたしばらくリハビリがあるそうです。
(;・ω・).。oO(はっ!自主トレの見学ができない)←ストーカー

診察終わる時、「なんかあったら」と
先生がメアドくれました。

あとで、診察の時には言えなかったお礼とか
めるしてみようと思います。。。

今までありがとうございました。先生。。
りはびり(9月17日)
昨日はリハビリでした。
オペから180日目。

早朝に、粗大ゴミを出してからだったのでちょっとお疲れモード。
重いゴミを持って、アパート2階からゴミ置き場まで4往復しました。
仕事終わって帰ってきたらものすごく眠くて…
ちょっぴりショックな事もあったので、早めに寝ちゃいました。

ショックな事とは…

病院に行き、リハビリ前診察のため外来でぼーっとしてました。
(・ω・)ホケー
しばらくしてドアの張り紙に気づきました。
「○○先生は10/1より異動になります。後任は□□先生です。」
Σ(・ω・;)
ご主治医様、異動で居なくなっちゃいます…。。。
昨日は主治医先生は外来の日ではなかったのでお会いできず。
がっかりしながら、リハビリ室に行きました。

リハビリは前回と同じようなメニューでした。
歩きとしゃがみ込みのチェックをして、
ベッドの上に足を伸ばして座って、
PTさんの胸に足のうらを押し付けた状態で力を入れたり。
そのときに、足首周囲の筋をチェックしているPT王子。

リハ中は、いつものように「野球はどうですか?」と聞いてくれ、
(・ω・)「山形行ってきちゃったんです!」などとご報告。
(・v・)「岩隈すごいですね~。」
(・ω・)「そーなんですよ。くまさんでしか勝てません」
(´・_・)「我が横浜は巨人にボコボコにされ…(涙)」
(;´ω`)「あっ……追いつかない程度の反撃とかですね…」

アキレス腱のこわばり、固さが取れてくれば、もうちょっと
足首が鋭角に曲がるようになりますよ、ということで、
椅子に浅く腰掛けて膝と膝の間は拳ひとつくらいあけ、
足首がちょっと鋭角に曲がる角度にした状態で
背筋を伸ばしたまま前にかがむ、
というトレーニングを日頃から行ってください
と言われました。(アキレス腱がのびるそうです)

(・v・)「リハビリも期間を延ばしてもらって1ヶ月くらい経つので
      もうそろそろおしまいでいいと思います」
Σ(・ω・)「えっ!!」

リハビリは、あと2~3回くらいで終わりになっちゃいそうです。。。

主治医先生(○´~`○)は居なくなってしまうし、
リハビリ王子(・v・)に診てもらえるのもあとちょっと。
わたしの楽しみのひとときが~~(;ω;)
抜釘の手術、嫌だけど楽しみにしてたのに
主治医先生に執刀してもらえないのは非常に残念です。

明日、久々の診察ですが、最後の診察になってしまいそうです(泣)

秋はお別れの季節なんですかね~…。
りはびり(9月10日)
9月10日(水)
オペから173日目のリハビリでした。

先週は担当PTさんが夏休みだったため1週空きました。
なんだか当たり前のように毎週1回リハビリやっていたから
すごく久々な感じがしました。
ちょっと日焼けしたように見えるPTさん。(´ω`*)

いつものように歩きと階段としゃがみ込みのチェックから。
しゃがみ込みが、棒に掴まってお尻を落すような格好なら
最後までしゃがめるようになってました。
(手を離すとひっくり返っちゃうけどね)
(・v・)「お、よしよし」

ベッドに足を伸ばして座ってほぐしてもらう。
足の裏を、PTさんの胸に当てた状態で
軽く押すことを数回やりました。
(・v・)「ぼくの身体をぐーっと足の裏で押すようにしてください」
(;・ω・).。oO(王子の胸を踏みつけるようなことをっっっ)
うつぶせに寝て、膝を曲げた状態ででも同じような事をしました。
足首を、現状で曲げられる所まで曲げた状態から、押す、という運動。
繰り返すうちに少しずつ、アキレス腱のこわばりが取れていったようです。

リハやってる間、
(*・ω・)「せんせ、夏休みどうでした?」
(・v・)「大阪行ってきましたよ。あと山中湖のロックフェス」
(・ω・)「ほー。充実した夏休みだったんですね♪」
(・ω・).。oO(だ、誰と行ったんだろう?)

次のリハビリは9月17日(水)です。

【足チェック】
直立状態から…
080910_6

頑張って曲げてみる。
080910_7
もともと凄く足首柔らかかったので
まだまだ感は大有りなんですが、
ちょっと曲がるようになっただけでも歩行などが随分と楽になりました。
最近、小走りができるようになりました。
  (↑危ないからやめなさいって;)
さらば、相棒。
3月19日に地元の病院で借りた松葉杖。
3ヶ月近く、私の相棒でした。
右が右京さんで左が亀山君です。
(なんちて。ドラマの「相棒」ボケです;)
080719
4月の終わりころまでは両方松葉杖歩行、
5月はずっと片松葉杖歩行、
6月に入ってから杖無しで自力で歩くようになりました。
およそ2ヶ月半酷使した松葉杖の
脇に当たる部分にかけてくださった赤いチェックのカバーはすり切れて、
キルトの綿が見えるくらいになっていました。
手のひらで掴む部分はずず黒くなって…。

7月に入って、コケて悪化する事無く順調に回復してきたので
地元の病院に返してきました。
初診のときに、保証料として10,000円支払っていたのですが、
領収書を持っていけば返金されると説明されていたので、
そのとおり返金されました。

しかしまあ
自宅から病院まで、徒歩約15分なのですが、
完全に歩けるようになっていたけど
返却する前に、最後に松葉杖歩行してみよう!
と、挑戦したのですが…
真夏の太陽と、蒸し暑さが最高潮の時期
ものすごく体力消耗しました。。
汗だくフラフラ…(×ω×;)
怪我したのが春先でまだよかったのかもしれません。
松葉杖って、結構腕の力使ってたんだな。
足痛くてしんどい時に全体重支えてよく頑張ったと思います。

我が相棒に感謝です。
ありがとう。さようなら。。

※これ、7月半ばの話なのですが、記録忘れてました。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。